アイピルにはどのような効果があるの?

モーニングアフターピルを飲むことになるケースは人に寄って様々です。

具体的にはどのような効果があるのか、ここでは見ていきましょう。

モーニングアフターピルとは?

モーニングアフターピルはアフターピルと略して呼ばれていることもありますが、妊娠の可能性がある行為をしてから72時間以内にこのピルを服用することで受精卵が着床することを防ぐ効果があります。受精卵の着床が起きて妊娠が成立、継続されればそのまま赤ちゃんは育ちますので、赤ちゃんを産むことになります。しかし誰もが赤ちゃんを産める状況にあるとは限りません。産むことができる状況ではない、望まない妊娠をしてしまったというケースだってあるのです。そこでアフターピルの出番です。

望まない妊娠をしたかもしれない

望まない妊娠をしてしまったかもしれないという場合に、性行為後72時間以内にホルモンの投与をすることによって受精卵の着床が防げるというものです。このアフターピルの中に含まれている成分はホルモンです。ホルモンを投与することで着床を防ぐことができるのです。通常ピルといえば性行為をする前に飲むことが多いでしょう。こちらのピルも成分はホルモンが主成分となっています。このホルモンですが、モーニングアフターピルの場合は普通に服用するピルの4倍から8倍の量が含まれています。そのために一度に大量にホルモンを投与することによって妊娠しないようにしているのです。

体に一度にホルモンを投与する

体に一度にホルモンを投与することによってアイピルの効果を発揮させることができますが、タイミングがあります。最初に申し上げましたとおり72時間以内としていますので、この時間は守らなくてはいけないのです。この時間以上たってから服用しても間に合いませんので、72時間といえば、3日間ありますので、十分な時間と言えると思います。早めに服用することをおすすめします。通常このタイミングで産婦人科へ行って処方してもらって服用するのですが、ネット注文できますので、準備しておけばその時が突然やってきても慌てなくてすむでしょう。

モーニングアフターピルの効果は受精卵の着床を防ぐことができます。望まない妊娠をしてしまったかもしれないという人に緊急措置のための薬です。