アイピルを病院に行かずに入手する方法について

本来ならば医師の処方箋が必要ですので、そのような事態になった場合に、すぐに医療機関へ行くことになります。

しかし医師の診察も処方もなしに入手したいという人はいるでしょう。

デリケートな問題なので

避妊や性行為に関係することは、日本人は特に、デリケートな問題でもありますので、誰にも知られたくない、隠したいと考えることが多いでしょう。ですから、もし避妊に失敗したからといって時間はあってもその時点から医療機関へ駆け込むというのが恥ずかしいと考える人も多いのです。

インターネットなら手軽

そこで利用できるのがインターネットです。インターネットを利用すればネットショッピングを利用するのと同じように手軽に購入することができます。ネットで取り扱われているのは個人輸入代行された薬です。日本で処方されているものではなく、海外からの個人輸入代行となります。個人でも、インターネットを開いて別の国のサイトを見てショッピングをすることは可能です。しかしほかの国から個人で輸入することは意外と大変なことで手続きがわからなかったり、言葉の問題もあります。そこで便利なのが個人輸入を代行しているサイトです。個人輸入を代行しているので、本当に手軽にショッピングをするのと同じ感覚で購入することができて便利です。

入手するに当たっての注意点

注意点としては、入手する際に処方してもらっていませんので、注意事項なども自分で読んで、自分で理解して服用する必要があります。医師の診察を受けて処方してもらったわけではありませんので自己管理が求められます。自己管理をした上で正しい飲み方をしなければいけないのでその点は注意しておきましょう。自己管理をしなければ副作用が大きく出ることもあると言われています。飲むタイミングなどもありますので、飲むタイミングをしっかりと守りましょう。色々な種類のピルがありますが、性行為をしたあとに服用するアフターピルは望まない妊娠をしてしまう可能性がある場合に対処することができます。

医師の診察を受けず、処方箋を貰わずにピルが手に入る場合は安心ですね。あらかじめ用意しておけばもしものために準備しておくことができるので、インターネットを活用するといいでしょう。