アフターピルの正しい服用で妊娠を回避する

避妊を100パーセント行うことはなかなか難しいでしょう。

コンドームを使用していても100パーセントの避妊は難しいと言われています。

避妊に失敗してしまったら

もしも避妊に失敗してしまったらどうすればいいのでしょうか。そのまま何もしなければ望まない妊娠をすることになります。そこで緊急的に服用するのが決められた時間内にアイピルを服用することです。望まないタイミングで計画をせずに妊娠をしてしまうということを防ぐことができます。セックスをして避妊に失敗したら慌ててしまうかもしれませんが、慌てる必要はありません。卵子の受精、受精卵が着床することをしっかりと防いでくれますので、慌てることはないのです。

どのようにして使うのか?

いつ飲んでもいいと言うわけではありません。早ければ早いほど良いと言われていますし、飲まなければいけないリミットがあります。性行為から服用までの時間、それは短ければ短いほうが良いとされています。避妊をする確率がそのほうが高まるのです。24時間以内服用することが可能だった場合には95パーセントの人が避妊に成功しています。72時間以内に服用することができ人は75パーセント以上成功しています。服用のリミットは72時間ですので、この時間だけは守って服用するようにしましょう。

本来ならば処方が必要

本来ならば失敗したかもしれないと思ったら、まずは医療機関へ行き医師の診察を受けてから処方箋を書いてもらって処方してもらうというのが正しい流れです。しかしこれだといつのタイミングで行けるかどうかわからない人にとっては、72時間以上たってしまうかもしれません。そこでおすすめしたいのは、常備しておくという方法ですね。その可能性があるときにすぐに飲むことができますので、24時間以内に正しく服用することができます。

インターネットで入手しておくといい

常備しておくといっても処方を事前にしてもらうことは難しいですので、そこでおすすめは、インターネットで販売されていますので、インターネット購入をして常備しておくと安心することができます。

アフターピルは通常のピルとは違う飲み方をします。特に服用時間については必ず72時間以内に服用しなければならないというルールがありますので守りましょう。