着床を阻害するアフターピルの知識

薬にはどのような薬であっても副作用はあると言われています。

アイピルにももちろん有効な作用だけでなく副作用はありますので確認しておきましょう。

成分はホルモンなので

主成分はホルモンです。ホルモンを大量に投与して受精卵の着床を防ぐ働きがあります。ホルモンは適切な量を投与すれば治療に役立つこともありますが、ピルの場合は大量に投与することによって治療ではなくて、体の中で正常に起きることを阻害する働きがあります。通常服用するピルは性行為の前に飲みますし、性行為をする、しないに関わらず飲むことが多いでしょう。しかしアフターピルは、必ず事実があってから服用するのでその点が大きな違いと言えるかもしれません。

大量のホルモンを投与するということは

大量のホルモンといいますが、通常ピルよりもどれくらい多いと思いますか?その量はだいたい通常のホルモンの量に比べると4倍から8倍は多いと言われています。そのために大量のホルモンを正常な体に投与することに対しての副作用は少なからず起きても仕方がないと言えるのです。大量ホルモンの投与によってどのような副作用が現れるのかと具体的に言うと、中毒症状、吐き気、めまい、生理不順が発症することがあります。これは人の体質にもよりますので、必ず誰にも起きる副作用とは限りませんので起きない人もいるでしょう。

副作用は絶対ではない

副作用は絶対ではありません。起きる人もいれば起きない人もいるのです。十分注意して使用すれば避妊を緊急的に起こすことができて、望まない妊娠をしなくてもいいので安心です。望まない妊娠をして中絶をして体を傷つけることも大変なことです。また望まない妊娠をしたまま妊娠を継続して出産することも大変なことです。いずれにしても、望まずに妊娠するということは体にとっても精神的にも負担が大きいですので、その負担を軽減させ、安心するためにアフターピルはあるのです。副作用はあるかもしれませんが、それを乗り越える価値はあると言われています。

通常のピルよりも4倍から8倍のホルモンの量が含まれているアフターピルですので、副作用は少なからずありますが正しい服用をしていれば効果は大きいでしょう。