日本で開発されたアイピルとは

アイピルは緊急事態で女性にとっては望まない妊娠をしてしまうかもしれないときに役立ちます。

避妊に失敗したときに飲める薬についてここでは見ていきましょう。

避妊をしていたとしても

避妊をいつも心がけて恋人や夫婦間で関係を持っている人は多く、それはとても大事なことです。しかし避妊をしていたとしてもやむ得ない理由から失敗してしまうことはありえます。コンドームは避妊の第一人者として大半の人が利用していますが100パーセントの避妊率ではありません。場合によってはゴムの破損もありますし、タイミングによっては失敗してしまうこともあるのです。

失敗したときに備える

失敗してしまってから慌てても遅いので、失敗する前に準備しておくことが一番ですね。もちろん失敗してすぐに病院へ駆け込むことができればいいのですが、誰もがそういうわけではありませんし、失敗してから駆け込むことは恥ずかしいことだと思っている人もいるかもしれません。最初から用意してあれば恥ずかしい思いもしなくてもいいですから安心です。安心して性行為をすることにもつながります。望まない妊娠をしてしまわないための緊急措置といってもいいでしょう。

急遽使用されるモーニングアフターピル

こうした緊急措置で使用される薬のことをモーニングアフターピルと呼んでいます。これらは1種類ではなくて数種類販売されています。避妊に失敗してしまった人が利用する薬ですが、副作用もありますので処方してもらった上で飲むことが望ましいとされていますが、処方しなくても輸入品ならネットで購入することは可能です。飲むタイミングについては、性行為をしてから比較的すぐに服用したほうが効果がありますので、なるべく自覚があったのであれば早めに服用することをおすすめしているところが多いようです。飲むタイミング、時間によって効果が違ってきますし、効果が十分に得られない人もいると言われていますので、決められた時間内に服用することが望ましいでしょう。男性もちゃんと正しい避妊方法で避妊をすることが望まれますが、こればかりは男女二人の責任でもありますし男性ばかりが悪いこともないかもしれません。そのようなケースでお互いの関係にひびが入る、亀裂が入りうまくいかなくなっても困りますし、また望まない妊娠をして不幸な赤ちゃんがこの世に生まれてくることもつらい話ですので、出産する意思がないのであれば、モーニングアフターピルを服用したほうがいいしょう。そうすることによって体への負担も、そして周囲の人も不幸にすることがないでしょう。ちなみにこの日本で開発された薬はジェネリック医薬品なので後発品です。

手軽にインターネットで購入可能

本来ならば産婦人科へ行って処方してもらわなければ手に入らないのですが、輸入代行をしているインターネットのサイトで販売されていますので手に入れることは可能です。1箱あたり2000円以内で購入することができます。

世界中で愛用されています

世界中でモーニングアフターピルは知られていますし緊急避妊薬として愛用されています。もともとはフランスで開発されて日本でジェネリックが発売されたのですが、モーニングアフターピルを服用してさえ居れば、望まない妊娠をすることがありません。日本の薬局、ドラッグストアで手軽に購入することができればいいのですが現在そのように手軽に手に入れるということは難しいのが現状です。しかしインターネットで個人の使用に限り個人輸入が法律で許可されているので医師の診察や処方を受けなくても手に入れることができるのです。

その働きについて

アフターピルは、性行為の後の72時間以内にホルモンの投与をすることによって受精卵が着床することを防ぐことができます。本来避妊というのは性行為をする前、しているときに行うことが正しい方法ではありますが、事後避妊薬として緊急措置的に薬を飲んで妊娠しないようにすることが特徴です。普通のピルに比べると倍の量のホルモンを投与しますので、ホルモン投与による副作用があるかもしれませんが、十分避妊の効果が認められていることが分かっています。緊急的に避妊しなければいけない事態になっている人は時間が72時間以内であれば、十分可能ですので時間を確かめた上で購入しましょう。インターネットから購入することができれば、ネットショッピングをする感覚で手軽に申し込むことができますし、また誰にも知られることなく入手できますので、安心して手に入れることができます。

副作用は薬ですので必ずあります。しかもホルモンの投与量が普通のピルの倍以上と言われていますので、正しく服用しなければ副作用の影響は大きくなると思われますので、正しく服用することだけは守ったほうがいいでしょう。